明美はベッドの上では燃えるのに、彼との常日頃のデートは避けていた。それは昔の男のことが忘れられないからだった。・・・